大人の中耳炎は笑えない。もう風邪引いても絶対鼻を強くかまないと誓った話

2017年11月2日ポジティブ日記

 

マッキンです。

 

9月に中耳炎になりました。

 

内科に行って「風邪ですね」と出された薬を飲んで一晩過ごしたあと、高熱と多量の鼻水で死にそうになりながら、えいー!って鼻強くかんだ瞬間に左耳がキーンとお亡くなりになられた音がして、それから耳がぼやぁっと聞こえにくい状態になったので慌てて耳鼻科に行ったら先生に「あー、これ、やっちゃったね。中耳炎ですわ」と言われました。

 

耳鼻科の先生

 

めちゃくちゃ念押しされた。

 

耳の中はまったく痛くなかったんですけど、音が、一枚ガラス越しに聞いているような感覚で、キーンとかボーっていう耳鳴りも鳴り止まないし、おまけに自分の声も聞こえにくいからどのくらいのボリュームで話したら良いのか加減がしづらくて耳・・・大切・・・!卍としみじみ思った。

 

現状どのくらい聞こえてないのか聴力検査したんだけど「あら。こーれーはー聞こえにくいねえ。見てこの結果の線グラフ。あなたと同じ20代の人はこの辺りまで本当は数値があるはずなんだけどね、今、40代くらいの聴力だよ」「はは(笑)」

 

「はは(笑)」って笑いが出るくらいにびっくりした。40代ってこんなに聞こえないの!???

 

たぶん順調に年をとれば徐々に聴力が落ちるからその差に気づかないってことなのかな。とにかく、いつもの聴力と比べると、まるで聞こえない。

 

「内科で出されたお薬は、すんごく軽いやつ。すんごく。あなたの症状はもっと重いものだから、ガンガン強い抗生剤出しておくね。内科のお薬は飲まないで今日からこれ飲んでね。あとお風呂は入っていいけど、耳に絶対水入れないで。絶対水入れないで」

 

「(大事二度言・・・!)はは・・・はい・・・」

 

もし治りが悪かったら鼓膜切らなきゃいけないので、お薬は絶対に飲んで安静にしてください」

 

「え!???はい」

 

なんか耳に水が溜まった状態のまま(?)治ってしまったら、鼓膜を切開して取り出さないといけないらしい。無理無理怖!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから1ヶ月後。耳の聞こえは完治しました。完全復活。けど、耳鳴りが治らない。耳鳴りが、治らない。

 

早速ググったら「大人の中耳炎あなどるな」「耳鳴りは中耳炎の後遺症で残る可能性大」「昔中耳炎になってから耳鳴りがまだ治らない」記事がたくさん出てきて恐ろしくなったので先日、再び耳鼻科凸してきた。もしかしたら耳に水が溜まってる・・・?最悪、鼓膜切開かもしれない。死のう

 

で、耳鼻科行ったら、先生、開口一番「え!?中耳炎治らなかったの!???」ビビってた。

 

「や、あの、中耳炎は治ったんですけど、耳鳴りがずっと続いてて。耳は聞こえるようになったんですけど、やったーって感じだったんですけど、気付いたら耳鳴りするなあって。そういえば耳鳴りしてるなあって。気付いて。」聴力よりも言語力乏しすぎるのも問題である

 

とりあえず先生に耳の中を見てもらい、「うーん・・・耳は問題ないけど・・・耳鳴り・・・とりあえず聴力検査、してみよう」と悩ましげな先生に促されて、耳復帰後の聴力検査。鼓膜切開は回避できたようでホッとした。

 

普段生活するぶんにはまったく支障ないんだけど、無音の場所に行くと耳の中ライブハウス状態になるので、聴力検査する小屋(やった事ある人はわかると思う)に入った瞬間、やっぱりキーーーーーーーーーーーンと聞こえ始めて、「うわこれちゃんと検査の音聞こえてるのかな・・・」と一気に不安になった。

 

聴力検査終了後、すぐに先生に呼ばれてもうドキドキしながら結果を聞いたら「聴力は異常ないね。と言うかむしろ聞こえは良い方です

 

「はは(笑)」え〜〜〜〜〜〜〜〜〜?じゃあこの耳鳴りはなにぞ・・・・???????????

 

「耳鳴り、昔からあったんじゃない?気付かなかっただけで。耳は異常ないんだけど、一応お薬出しておくね。飲み薬。液体のまずいやつ。3、4日だと意味ないから、2週間分出しておきます。まずいけど毎食後に飲んでね。本当にまずいけど、頑張って飲んでください。診察は以上です」

 

どのくらいまずのか逆に気になるくらいまずいを鬼連呼していたな〜〜〜〜〜〜〜。

 

結局耳鳴りの正体は分からず。処方箋持って薬局行ったら薬剤師さんも同じこと言ってた。「このお薬、あんまり美味しくないので、みなさんジュースで割って飲んだり色々工夫して飲んでいらっしゃいますよ。お酒好きですか?」

 

「ファ?」突然のお酒好きですか?クイズ。困る。

 

「この飲み薬、お酒の味に風味が似ているらしくて。お酒好きな方は結構飲みやすいらしいです。まあでも、本当に独特と言うか、あまり美味しくはないので工夫して飲んでみてくださいね。水じゃなくても大丈夫です。りんごジュースで割って飲むと、リンゴ酢のような味がするらしいですよ」

 

飲み薬ライフハック始まるくらい、本当に不味いらしい、驚きのこのお薬。薬局にはお世話になっているけれど、こんなに薬剤師さんと会話したの初めてだし。もうどんだけ不味いのかが気になりすぎて早く飲みたかった。で、そのお薬がこれ。

 

イソバイドシロップ

 

イソバイドシロップ。メニエール病改善剤、傾向浸透圧利尿剤、らしいです。隣のエクストラチャージとかいう化学薬品の化物みたいな飲み物はローソンに売ってたので買ってみたやつ。これで割って飲んでみます。

 

イソバイドシロップ

 

中身はこんな感じです。耳の中の気圧を下げて?耳の通りをよくするっぽい。

 

イソバイドシロップの中身

 

色は、シンプルに透明。まずこのままで飲んだ感想なんですけど、意外といける。

 

モンスターエナジーとか、レッドブルに入っている、人を強制的に元気にさせる成分をぎゅっと濃縮して数倍濃くした味、みたいな味がします。「まずいまずい」と言われすぎたせいもあるかもだけど、思ってたよりまずくない!もっとゲロみたいな味すると思ってたー。

 

そんなこんなで、飲み始めて1週間が経ったんですけど、耳鳴り、本当に改善しているの・・・?まだ聞こえるけどなあ・・・?って感じです。普通に聞こえる(静かな場所でね)。

 

今はグレープ系の炭酸ジュースに割って飲んでるんですけど、多分イソバイドの味的に、炭酸入っているジュース(特にレッドブルのような薬品ぽい飲み物)だと、飲みやすいと思います。炭酸だとなんか味紛れるしね!

 

あと、薬自体を冷やすのも全然ありと薬剤師さんが言ってたので、ワイは冷やして飲んでます。味の感じ方が鈍くなるらしい。まだ炭酸系で割ったことのない、イソバイドの飲み方に苦戦しているかた、一度やってみてくださいー

 

で、肝心な耳鳴りは、もう鳴り止まなすぎて、そもそもこれは耳鳴りなのか、ずっと聞こえてたんじゃないかとか、むしろこれは無音なんじゃないかとか色々考えすぎてどうでもよくなってきている(実際もう慣れて寝るときもあんまり気にならない)し、耳鼻科の先生に「耳の聞こえはむしろ良いほう!」って言われてもうそれだけでハピネスなので、少し様子を見て、もー限界これやっぱり耳鳴りだわ!!!と確信したら、別の耳鼻科にでも行ってみようかなとおもいます。別の病気とかだったら怖いなー。セカンドオピニオン。今のところ不便はないけど。

 

というわけで風邪引いて鼻水で苦しくても、絶対に鼻強くかんでは駄目ですよー

 

ちなみにイソバイドシロップ2週間分、ちょっとお値段高めだった(ジェネリックあるのかなー?)。これには薬局勤めのお友達もびっくりしておられた。

 

友とのライン

 

売らないよ!!!!おわる